本日の稽古

本日の稽古・・・基本に忠実に・・・正しく!
まず刀礼等の所作。一つ一つ正しく、丁寧に・・・。
理合いを正しく知ること。
真の弐の太刀と連の弐の太刀の違いは・・・・。
実際に敵と相対する位置に向かい合い、どの位置の敵をどのように斬るのか確認。
連の初太刀は物打ちで斬るのではなく、鍔元に近い部分で相手の頭をたたき割る。なぜか・・・。実際に正確な間合いに他の方に膝立ちで座っていただくとわかります。なぜ後ろの敵が自分を斬らないのか・・・これも、正しい間合いに座ってきちんと動いてみれば、後ろの敵は斬らないのではなく斬ることができないのだということがわかります。自分を斬ることができない位置にいる敵を斬るには、重心の移動がなければならない・・・のです。
そうしたことを一つ一つ考えながら稽古する・・・これが大事なのですね。
by gojyaku | 2006-05-07 19:59 | 無外流居合