「悟雀の部屋」の管理人・悟雀おじさんの着物や居合をはじめとする和(環)日記です。


by gojyaku

カテゴリ:旅( 46 )

都電荒川線の旅・3

c0023172_12462255.jpg

c0023172_12462375.jpg

やってきました。荒川遊園地。初めて来ました。子どもの日は入園無料です。小さな子が遊ぶにはちょうどいいサイズ。でも今日どの乗り物も行列です。40分以上の待ち状態。
by gojyaku | 2008-05-05 12:46 |

都電荒川線の旅・2

c0023172_11411589.jpg

c0023172_11411559.jpg

まずは鬼子母神です。境内に1781年創業の駄菓子屋さんがあるのだ。比較的すいています。
by gojyaku | 2008-05-05 11:41 |

都電荒川線の旅・1

c0023172_1111496.jpg

c0023172_1111423.jpg

ゴールデンウィークといいながら、暦通りの休み。近場で遊ぼうということで、都電荒川線小さな旅です。
始発駅の早稲田はちょっと不便。大塚から1日乗車券でスタート。
by gojyaku | 2008-05-05 11:11 |
c0023172_5493025.jpg

昨日から今日にかけて泊まった宿は長瀞の「長生館」。ちょっと贅沢してみようということで、露天風呂付きの部屋。いい宿でした。部屋はとにかく広い。ここに二人ではもったいないか。露天風呂はいつでもお湯が張ってある状態でした。とにかく風呂好きのハニーさんは大喜びです。大浴場へ行ったり、部屋の風呂に入ったり・・・。いったい何回風呂に入ったのでしょうか。しかし、夜北斗七星を眺めながら入った風呂は良かったですね。
c0023172_5501922.jpg

チェックアウトは11:00でよいということなので、朝もゆっくりです。朝起きて大浴場・・・部屋の露天風呂・・・・食事・・・また露天風呂・・・・。ふやけるぞ・・・!
宿はサービスも環境も食事も問題なし・・・というか・・・今まで泊まった中では最上級です。また来たくなる宿でした。

目の前が長瀞の石畳ですから、舟に乗ろうということで10時にチッェクアウトしてコタツ付きの屋形船に乗船。20分ですが、なかなかのんびりしていてよかった。
c0023172_5504589.jpg

続いて秩父まで出て「秩父神社」参拝。秩父夜祭りで有名な神社ですが、社殿の彫刻が見事でした。
c0023172_551818.jpg

この彫刻は左甚五郎作といわれる「子宝・子育ての虎」。
ここで見つけた、ちょっといいお言葉

親の心得
赤子には肌を離すな 幼児には手を離すな
子供には目を離すな 若者には心を離すな
c0023172_5512834.jpg


秩父といえば、着物好きなら「秩父銘仙」が頭に浮かびます。そこで、ちょっと足を延ばして「ちちぶ銘仙館」に立ち寄って見ました。昭和初期の「埼玉県繊維工業試験場」の建物ということで、ちょっと風情があります。
c0023172_5514472.jpg

いつもは職人さんが作業していたり、体験があったり、3年間のコースで技術を学んでいる方が作業していたりするらしいのですが、祝日のため見学のみだったようです。銘仙に興味のある方は一度は訪れるといいのかな・・。
c0023172_552048.jpg

by gojyaku | 2008-02-11 21:31 |

ロウバイが盛りです

c0023172_5554763.jpg

3連休中日の日曜日。いつもは居合の稽古があるので休めないのですが、今月は第2・第3日曜が稽古場を借りられませんでした。したがってお休み。先週の誕生日がわびしく終わっていたのでちょっとどこかへ行ってみようか・・・ということで、近場で骨休めです。
長瀞でロウバイがきれいです・・・という宣伝が地元の駅や電車に出ていたので長瀞にしました。しかし昨日は雪。こりゃ大変だ・・・ということで・・・ハニーのコートの下は、私のこう吉野袴・・・そしてブーツ。私も野袴でトレッキングシューズでした。
宝登山のロウバイ園。下はぬかるみだし、宝登山神社の奥宮の前は凍っていた。この出で立ちで正解・・。というより・・そこまでして着物着るか!

ロウバイの方は8分咲きというところ。今年は少し遅いらしい。でもきれいです。
c0023172_556458.jpg

by gojyaku | 2008-02-10 16:25 |
今回の旅行の目玉は「御所」。今日から特別拝観なのです。いつもは予約しないとダメなのですが、今日からはいきなりでOK。しかし、さすがに混んでます。観光バスがいっぱいで。
c0023172_22213527.jpg

おまけに天気が・・・!曇っていて寒い!雨まで降ってきた・・・・!とりあえず、休憩所で雨宿り。時間もお昼近いし・・・食べちゃおか・・・・ってことで・・・きつねうどんとかやくご飯セット。そんなに期待はしていなかったけど・・・旨かったです。さすが「きつねうどん」文化の関西。
c0023172_22301792.jpg

桜を見るためにバスで銀閣寺道へ。すごい人・人・人。銀閣寺はパスして哲学の道へ。ここも人が多くて竹下通り状態。でも。桜のトンネルが見事なので人の多さは我慢しよう。
c0023172_22223235.jpg

天気も良くなってきたし、「わらび餅」の幟。ちょっと一休みして、わらび餅とお茶いただきました。美味しかった。
c0023172_22224514.jpg
c0023172_2223391.jpg

さぁ そして 2匹目の泥鰌はいるか・・・昨日の呉服屋さんを再度訪ねてみました。東京の着物仲間へのお土産に「はぎれ」を大量に買い込んで・・・ハニーさんが棚をあさっています。何やら発見。唐獅子の模様の長襦袢。男物・・・・?店のおばあちゃんが「白い襟かけてあるから女物だよ!」よく見たら女物です。サイズはジャストハニーサイズ。お値段1500円。当然ゲットです。で、この写真が昨日の黒八丈風と襦袢。しめて3500円なり。恐るべし京都!
c0023172_2224869.jpg

東山近辺を散歩してたら、着物姿の若者多数に遭遇。ちょっと着こなしに難はありましたが、とにかく着てくれたら許しちゃおう。
c0023172_2225387.jpg

ちょっと嬉しくなったのですが、実はこんなお店が沢山あるのですね。レンタルの着物屋さんやリサイクルの着物屋さん。いいことですよ。ここで体験して、又着てみよう・・となればいいのです。
c0023172_22465831.jpg

でも、この子はなんなんだろう・・・?舞妓さんの姿なのですが、小学校の低学年かな?これも体験かい・・・?でも、この子みんなにカメラ向けられて、にこやかに笑ってポーズ作ってます。恐るべし・・・・。
c0023172_22255641.jpg

ということで・・・楽しい京都旅行でした・・・また明日からしっかり仕事しよう!
by gojyaku | 2007-04-04 22:19 |
新学期が始まりました。でも、何故かぴりっと来ない。気分転換が必要だぞ・・・そうだ 京都 行こう・・!ということで、休みを取って新幹線に乗りました。でも、仕事も結構残ってるんです。したがって・・・車中は仕事。
c0023172_21125128.jpg

10時半には京都着。とりあえず宿に荷物を置いて・・・。今回の宿は「ホテルウオジ苑」修学旅行で使いそうな宿です。一泊朝食付で一人7350円。いつもながら安い旅ですね。
c0023172_2113350.jpg

まず腹ごしらえ。宿の近くのそば屋「晦庵河道屋」さんで、鴨南蛮とかやくご飯のセット。東京の鴨南蛮とはちょっとイメージ違いますが、山椒が効いていて美味しかった。
c0023172_21131611.jpg

c0023172_21132588.jpg

今回は丁度同じ日に京都に来ているきもの仲間「mari」さんご夫妻と半日京都散策のよていです。合流地点の円山公園へ向かう途中にあった小さな着物屋さん。
c0023172_2114168.jpg

「はぎれ100円から」の張り紙につられて入ってみたら、とんでもないお宝に遭遇。武士が使う道行きです。刀を差すための穴がついています。藍染めの木綿でひどく綺麗な品です。値段は1500円。目が点になりました。15000円でも買ったでしょうね。
c0023172_21143616.jpg

早速羽織って円山公園へ。桜は満開。花見の人でごった返しています。
c0023172_21144826.jpg

落ち合う時間にはちょっと間がある。ワンカップ買ってお花見です。目の前に座っている着物姿・・・。金髪です。雰囲気からするとアメリカ人かな。よく似合ってます。お見事な日本語で、きつねうどん喰ってました。結構有名人らしい。
c0023172_211515.jpg

「mari」さんと旦那さんの「ぶんちん先生」と合流。まずは大阪の着物仲間の夏海さんがお手伝いしている小物のお店「ほっと衣て」に立ち寄ります。残念ながら夏海さんは当番でなかった。
c0023172_21155610.jpg

つづいて「四君子」へ。このお店のたたずまいがいいのですね。京都の町家です。
c0023172_21161891.jpg

さらに、ここは外せないでしょ・・・・「だいやす」です。リサイクルの着物屋ですが、なんたって安いし品数も多いのです。ハニーさん「黒八丈」風の着物を発見。即ゲット。
c0023172_21163944.jpg

そして「紫織庵」へ。いつもは「襦袢博物館」ということで、入るのにお金取るのですが、今日は展示会のため無料です。案内してもらって、新作も見て、ラッキー。
c0023172_21171194.jpg

このあと、錦市場の入り口で「mari」さんご夫妻とはさようなら。宿で一休みしてから食事に・・・。どこといって決めてもおらず、とりあえず「がんこ」でも行ってみるか・・・ッてことで、三条大橋近くのがんこへ。鯛のあらと筍の煮たのなんかでいっぱいやってしまいました。
c0023172_21174542.jpg

ちょっといい気持ちで、高瀬川沿いをぶらぶらして・・・・。夜桜が見事です。
c0023172_21175871.jpg

by gojyaku | 2007-04-03 22:21 |

富士山!

c0023172_2152597.jpg
c0023172_21531026.jpg

2日からハニーの母上が我が家へ・・・。今日は母上を送って伊豆へ・・・。
途中東名高速で見事な富士山に遭遇。やっぱり日本人は富士山を見ると興奮しますね。
by gojyaku | 2007-01-04 22:51 |

盛岡と花巻

盛岡での朝。快晴です。盛岡市内を見物。市内を走る循環バス「でんでんむし号」が便利です。乗り放題で300円。盛岡駅前で1日乗車券を買って、早速バスに乗車。最初に来たのが「啄木新婚の家」。石川啄木が新婚時代1ヶ月過ごした家です。
c0023172_17401579.jpg

そして「石割桜」。「壬生義士伝」で「主人公吉村貫一郎」が子ども達に語る言葉。
「盛岡の桜は、石ば割って咲ぐ。おぬしらも、ぬくぬくと春ば来るのを待つではねえぞ。南部の武士ならば、みごと石ば割って咲げ。」
満開でした。
c0023172_1740254.jpg

そして盛岡城の桜。実に見事でした。
c0023172_1740348.jpg

盛岡駅近くの「開運橋」から見た眺め。岩手山が美しい姿を見せています。下を流れる川が北上川です。壬生義士伝で吉村貫一郎が故郷を語るとき必ず出てくる岩手山。わかります。
c0023172_17404218.jpg

あの吉村貫一郎の口癖が、ありありと耳に甦ったのじゃ。
(南部盛岡は日本一の美しい国でござんす)
わしは出迎えの役人に訊ねた。
「あの立派な山は、なんという山でござるか。」
老いた侍は彼方の山に目を細めて答えた。
「あれはなっす、岩手山にござんす」
             ・・・・・壬生義士伝から・・・・・

「盛岡冷麺」で昼食。そして新幹線で「新花巻」へ。
c0023172_17491029.jpg


ちょっと好きな「宮沢賢治記念館」を見学。ここはとても不便な場所にあるのですが結構見学者が多いようで・・・。根強い人気があるんですね。
c0023172_1740497.jpg

新花巻の駅前も何もありませんが、宮沢賢治の「童話」にかかわるレリーフなど立派です。
c0023172_17405615.jpg

そして、「賢治記念館前」のバス停近くにあった「花巻傘滝田工芸」で見つけた電気の傘。和紙に木の葉が漉き混んであります。これと、真っ白な和紙の電気の傘を購入。ただ今リフォーム中の我が家ができあがったら使う予定です。
c0023172_1741398.jpg

by gojyaku | 2006-05-04 23:39 |

憬れの角館

ずいぶん前から角館に来てみたかったのです。TVの旅番組などで見る武家屋敷。特に「たそがれ清兵衛」や「隠し剣鬼の爪」などの映画を見て、その思いが強くなりました。
そして、東北三大桜の一つとして話題になり、一度桜の時期に訪れたいと思っていたのですが、毎年角館へ行ってみようと宿をチェックすると、いつも満員。あきらめていました。
で、今年のゴールデンウイーク・・・。1月頃にチェックしたのですが、すでにネットでは宿は取れない状態でした。でも盛岡なら宿があることに気付きました。盛岡から角館は新幹線で40分ぐらい。よし、盛岡泊まりで行こうということにして宿と列車を予約。例年は4月末が桜の時期で、5月では遅いのですが、休みの関係でまぁ桜が終わっていてもいいかということで5月3日で予約したのです。
そして角館に到着。なんと今年の桜は開花が遅れたのです。ちょうど今が満開です。とにかく見事な桜です。しかし、その分だけ人も多い。まるで、原宿竹下通りを歩いているようです。
c0023172_16132929.jpg

武家屋敷も立派です。ここは「青柳家」の母屋。「隠し剣鬼の爪」でこの場所が出てきました。
c0023172_16133699.jpg

庭に角館のお祭に使われる山車が展示されており、その前で「おやまばやし」という手踊りを子ども達が紹介してくれました。可愛いですねぇ。このお祭の時期に来てみたいのですが、9月の7から9日におこなわれるので・・・引退するまでは無理か・・・。
c0023172_16134382.jpg

そして、これが「桧木内川堤のソメイヨシノ」です。土手の上に桜の木のトンネルができています。そして、それが2キロも続くのです。本当に綺麗でした。人が多かったけれど来て良かった。ついてました。
c0023172_16135124.jpg

武家屋敷の一角にある「角館樺細工伝承館」に寄りました。そこで売られていた「樺細工(桜皮細工)」の胴乱(煙草入れ)。石田義次郎さん作。もう90歳の方だとか・・・。いい感じです。思わず・・・購入・・・してしまいました。
c0023172_16135813.jpg

夕方の新幹線で盛岡へ。本日の宿は「盛岡ニューシティホテル」。ネットで探して予約したのですが、究極のビジネスホテルです。ネット割引で朝食付9870円。当然2人でです。安いですねぇ。
c0023172_161452.jpg

インターネット接続もちゃんと完備されておりました。
c0023172_17111989.jpg

by gojyaku | 2006-05-03 23:13 |