「悟雀の部屋」の管理人・悟雀おじさんの着物や居合をはじめとする和(環)日記です。


by gojyaku

<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

結婚式

今日は着物仲間・見廻り仲間の「飯撮りの伊佐寅」さんの結婚式。場所は明治神宮です。外での記念写真ですが、ギャラリーが大勢。でも、紋付きの伊佐寅さん、自髪で高島田を結った「まちゃん」。いいですねぇ。
c0023172_16255158.jpg

私たちは立会人という立場での出席です。衣装も第一礼装。花婿の父と間違えられた。
c0023172_16261447.jpg

神主さん、巫女さんの先導で神前に向かいます。厳かな気分。
c0023172_16263888.jpg

披露宴は明治記念館。着物仲間の式だけに、きもの着用率が非常に高い。
c0023172_162708.jpg

しかし、披露宴でも着物ファッションショーをやってしまう私たちって・・・・・(^_^;)
c0023172_16272811.jpg

by gojyaku | 2006-09-30 22:24 | 着物

闇の試斬会

土曜日は午前中本部で「初心者講習会」。だんだん人数も増えてきて、厳しくなってきました。そして午後は池袋稽古場の稽古に参加。初心者の方が多かったですね。
c0023172_16173528.jpg

そして夕方からは、Mさん宅の駐車場をお借りしての試斬の稽古。薄暗くなっているので闇の試斬会・・・・。
c0023172_1618134.jpg

Kさんの逆袈裟。斬れてますね。
c0023172_1618365.jpg

私の課題は抜き付けでの逆袈裟と横一文字。逆袈裟は斬れるようになりました。しかしまだ確率は低い。横一はダメ・・・・。まだまだ精進です。
by gojyaku | 2006-09-23 22:12 | 無外流居合
きもの日和が迫ってきました。本日は、当日ボランティアで頑張る皆さんの打合会。特に中心になって活躍してくれる人たちが集まっています。
c0023172_1605231.jpg

中心でとりまとめをしている「玉龍」さんと、若手の中心で動いている「ハチベー」君。そして、今回初参加でお手伝いしてくれる「タイスケ」君の紹介です。
c0023172_1611095.jpg

皆さん仕事帰りということで、ごく普通のおじさんやお兄さん達です。
c0023172_1612722.jpg

終了後はみんなで懇親会。きもの日和の成功を祈りましょう・・。
c0023172_1615377.jpg

by gojyaku | 2006-09-22 23:38 | 着物

斬れました・・!

今日は「高田馬場稽古場」で試斬。「吹毛会」では昇段には斬れることが必須条件。規定の試斬ができて、審査が受けられます。そのための試斬場所として公認されているのは、本部道場での試斬会と、高田馬場場所の試斬稽古のみ。ですから、試斬の時はいつもは馬場で稽古していない方々も大勢やって来ます。
弐段挑戦のTさん。本部で稽古したり頑張っています。でも、小柄なTさんはパワーも自信なさそう。もうちょいですよ。
c0023172_23535088.jpg

続いて9月5日にも紹介したK林さん。参段挑戦に必要な「逆袈裟」が斬れないのです。どう考えても、実力参段なのですが・・・斬れない。彼がずっと稽古してきた「剣道」が邪魔をしているのか・・・彼のまじめさが邪魔をしているのか・・・。本当に苦労しています。
しかし・・・下の写真を御覧ください・・・。斬れています。完全ではないのですが、ほとんど斬れている。こちらも・・・もうちょいです。
c0023172_2354440.jpg

続いて「悟雀・・・玄舟」です。無外流明思派宗家新名先生の直門の弟子となった玄舟としては、座技抜き打ちの横一文字が目標。(座った姿勢から抜きつけて、巻き藁一畳を真横に斬る)
しかし・・・難しい。とりあえず、抜き打ちでの逆袈裟を斬りたいのですが・・・斬れない!
今日も挑戦しました。実は、恥ずかしながら先週土曜日に右小指を切って、四針ほど縫っています。全くの不注意から切ってしまった・・・本当に恥ずかしいかぎりです。そんなわけで、しっかりと刀を握り込むことができません。でも・・まぁ・・稽古だ!  と、挑んだら・・斬れた!
これが、コンスタントに斬れるように・・・さらに上を目指しましょう。
c0023172_23541349.jpg

by gojyaku | 2006-09-19 23:53 | 無外流居合

久しぶりの懇親会

吹毛会池袋稽古場・・・。今日は20名弱の参加です。昇級審査も行いました。3級に二人、1級に一人挑戦。合格です。皆さんどんどん稽古して、どんどん上に上がって欲しい。
c0023172_765268.jpg

そして20分ほど組太刀の稽古。間合いを知ること、そして敵の動きを見て体を捌くなどの稽古には有効です。でも、団塊以上の世代・・・子どもの頃原っぱでチャンバラごっこをやっていた世代はどうしても熱くなる・・・。楽しい稽古なんですね。
c0023172_77357.jpg

帰り道に見かけた風景。稽古場近くの神社のお祭。子ども御輿です。可愛い姿に思わずカメラを向けました。
c0023172_771189.jpg

そして、今日は久しぶりの懇親会。会場はいつものビヤホール。世代を超えて、好きな居合の話で盛り上がる。やっぱり楽しいですね。月に1度はやらんといかんなぁ。
c0023172_771933.jpg

by gojyaku | 2006-09-17 19:03 | 無外流居合

きもの日和 準備着々

11月3.4日の行われる「きもの日和」。東京会場の準備も着々と進んでいます。来週には、スタッフミーティングが開かれるとあって、今日はメインスタッフによる打ち合わせです。
c0023172_6493434.jpg

日本髪でパソコンに向かう「にしやん」。スケジュール表を見ながら難しい顔の「はちべー」。みんなをリードする「玉龍さん」。もう一人キーボードを叩いているのは、ファッションショー裏方の「仁美さん」。そして「玉鳳さん」「悟雀ハニー」・・・。私は傍観者・・・?。歯医者の予約があって途中で失礼しました。皆さん頑張ってください。
by gojyaku | 2006-09-16 20:48 | 着物

初心者から2級の講習会

今日は池袋稽古場が使えず午前中の稽古はお休み。午後から秋葉原で「初心者~2級講習会」が行われたのでお手伝いに出かけました。
c0023172_6412467.jpg

参加は10数名ということで、若干少なめでしょうか・・・・。でも刀礼の方法から始まって、皆さん熱心に稽古していらっしゃいました。
c0023172_6413285.jpg

指導は黒田先生。非常にわかりやすく、丁寧な指導法で、勉強になりました。
by gojyaku | 2006-09-10 19:40 | 無外流居合

初心者講習

c0023172_6241892.jpg

8月からスタートした「初心者講習」ですが、様々な方がやってきます。80歳を越えておられる方、団塊の世代、空手を学んでいらっしゃる青年、高校生、アメリカからの短期留学生・・・。
皆さん8月に吹毛会に入会した皆さんです。稽古着の着方から道場での所作、基本的な刀法など・・・。これから無外流を稽古するのに最低限必要な事柄を伝えていますが、難しいものです。
c0023172_6243276.jpg

今日は本部試斬会も並行して行われました。午前も午後も10名を越える方が試斬に挑んでいます。入門したての初心者の方には、よい刺激になっています。
c0023172_6244792.jpg

稽古後は銀座へ。「きものde銀座」の日です。最近忙しくて・・・なかなか最初からの参加ができない状態でした。夜は仕事関係での集まりがあるため、すぐに皆さんとはお別れでした。来月はなんとかフル参加できるかな。
by gojyaku | 2006-09-09 22:22 | 無外流居合

試斬は厳しい・・・!

今日は火曜、馬場試斬稽古の日です。
まずは、弐段に挑戦する方が、課題の左右袈裟斬りを終わらせて、逆袈裟に挑戦しました。
見事に成功・・・。しっかり斬れています。
c0023172_2111248.jpg

続いて、来月初段に挑戦の方が、課題の袈裟斬りを成功させました。きれいに斬っています。
しかし、問題は斬り終わったあとの切っ先・・・。下がってしまいました。
最初はどうしてもこうなるのです。思った以上に軽く斬れるため・・・切っ先が止まらない。
次回はここを直して・・・完成です。
c0023172_2112086.jpg

こちらは弐段のK林さん。よく斬れています。しかし、K林さんの課題は逆袈裟。なかなか斬れない。力を抜いて、数こなすしかないでしょうか。
c0023172_211291.jpg


かくいう私は・・・重大な課題がありながら・・・解決できない。
私に与えられた課題は・・・「真+横一」で巻き藁一畳斬ること。
正座から、抜き付けで逆袈裟を斬り、そのまま右上から左下へ袈裟斬り。
そして、そのまま横一文字に斬る・・・というもの。
袈裟と横一は斬れるのですが、初太刀の抜き付けの逆袈裟が斬れない。
三分の二くらいまで刀が入るのですが、抜けきれないのです。
何故か・・考えました・・・。
形にこだわるから斬れないのか。
形の演武では、初太刀は右足を踏み込みますが、必要以上に軸を移動させることはない。
しかし、斬ることを考えたら、大きな踏み込みと、
軸を前進させても刀に体重を乗せる必要があるのでしょうか。
次回はそれでやってみようと思います。
by gojyaku | 2006-09-05 23:00 | 無外流居合

昇段審査

忙しくて、ブログ書いてる余裕がありませんでしたが、やっと少し書く余裕が・・・。
午前中、池袋稽古場での稽古です。8月は、わりと人数が少なかったのですが、9月に入って、また皆さん稽古再開・・・か。本日は20名を越えていました。
c0023172_2244390.jpg

それぞれ皆さん・・・課題を持って稽古しましょう・・・ということで、私は初心者の方に3級受験用の稽古。その他の皆さんは、それぞれ自分の稽古をして、四段のH中さん、参段のT屋さん、N垣さんに見てもらうという形式で稽古。最後の30分は組太刀をやりましたが、皆さん組太刀は楽しそうですね。

午後は本部で昇段審査があるので見学です。皆さん緊張しています。
c0023172_2245431.jpg

初段を受けた3人。一番手前は14歳の神○さん。いつもお父さんと一緒ですが、今日は一人。合格です。最年小の初段です
c0023172_225842.jpg

2段は1名だけ。本部の場所長養成コースに参加しているK崎さん。よく稽古しています。
c0023172_2251845.jpg

参段を受けた守○さんとK澤さん。手前のK澤さんは、さすが国際大会準優勝の実力。落ち着いた演武。守○さんはだいぶ緊張したようです。
c0023172_2252948.jpg

四段の受験は3名。U部さん、S崎さん、N山さん。3人ともひどく緊張していたようです。
c0023172_2253728.jpg
c0023172_2254482.jpg
c0023172_2255076.jpg

演武のあとは口頭試問。御宗家からの質問に答えなくてはなりません。
c0023172_2225185.jpg

初段はとりあえず「刀の名称」からスタート。そして無外流の歴史など次々難問が続きます。「寛政の改革を行ったのは誰?何年?」14歳の神○さん、見事に答えておりました。立派。
今回の難問・・・「林崎甚助の生まれた年は何年?」これ弐段に出された問題でした。
四段の皆さんは、それぞれ課題として出されていた漢詩の暗唱。そしてその詩の中からの出題。「杜甫の貧交行」を暗唱し、「Q、その中に出てくる管鮑とは何だ?」「A、斎国の 桓公の宰相管仲と鮑淑の事」というような問題をこなしておりました。(管鮑の交わりという言葉がありますね)
御宗家曰く、「無外流は文武両道・・・四段以上はこの程度の知識が無くてはいかん・・!」
頑張りましょう。
by gojyaku | 2006-09-03 22:53 | 無外流居合