<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

きものde銀座

第2土曜日です。午前中居合の初心者講習を終わらせて、銀座へ。
いつも、今月の当番(世話人)の人たちが、ランチしながら打ち合わせをしているのです。ちょうっとおじゃましました。
c0023172_15324096.jpg

こちらでは、きもの日和実行委員会の皆さんがミィーティング。ご苦労様です。
c0023172_1533140.jpg

今月も楽しい銀座をありがとう。
c0023172_15332917.jpg

by gojyaku | 2006-10-14 23:58 | 着物

場所長会議

私たちの吹毛会には40カ所になろうとする稽古場所があります。学校の体育館、スポーツセンター、公民館・・・いろいろなところを使わせていただいていますが、当然それぞれの稽古場には責任者がおります。それを場所長と呼んでいます。基本的には四段以上で指導員がいいのですが、全部そうもいきません。中には三段の場所長補という人たちがいたりもします。ですから、それらの人たちが勝手に自分流で稽古したら大変なことになってしまいます。そこで、月に一回「場所長会議」を開き、各場所の連絡調整を行っています。今月は新しい場所長さん、場所長補さんがデビューしました。頑張って欲しいです。
c0023172_15262560.jpg

場所長会議も大切ですが、有意義なのは終わってからの懇親会。御宗家を交えて居合談義です。ついつい飲み過ぎてしまって・・・・。私は翌日初心者講習の指導があるのです。少し控えないといかんなぁ。
c0023172_1529342.jpg

by gojyaku | 2006-10-13 23:18 | 無外流居合

御宗家の巡回稽古

今月から無外流明思派新名御宗家が吹毛会の稽古場を巡回指導されている。今日は坂口場所長の新宿場所。私も参加させていただいた。吹毛会も大きくなり、稽古場所も40カ所にのぼります。場所長の人数も増えました。御宗家が心配されているのは、場所長が増えていくことにより、指導者の質が低下すること。私たち場所長や指導員は、無外流明思派を正しく皆さんに伝えることが役割です。そんな訳で、各稽古場の皆さんに直接御宗家が指導してくださる、そして場所長達にも正しい無外流を伝えていく・・・そんなお気持ちなのでしょう。このブログを読んでいる吹毛会の皆さん。時間があったら御宗家のいらっしゃる稽古場にどんどん行ってみましょう。どの稽古場にも自由に行けるのが吹毛会の特徴。大いに利用しましょうよ。
c0023172_23475113.jpg
c0023172_23475873.jpg

by gojyaku | 2006-10-11 23:39 | 無外流居合

雑誌に登場

今日は旧体育の日。やっぱり私たちの世代にとって「体育の日」は東京オリンピック開会式の10月10日ですよね。今では「目の日」だって。変なの。
体育の日・・・とはあまり関係ないけれど、先日「無外流吹毛会」の本部道場に「なぎら健壱」がやってきた。「日本橋老舗めぐり」という雑誌の企画。道場で稽古や試斬を見て、試斬を体験して・・・。雑誌が発売されたので見てみたら・・・私の写真が載っていた・・・。居合でも雑誌デビュー。「東京・大人のウォーカー」11月号(角川)
c0023172_2329231.jpg

by gojyaku | 2006-10-10 23:27 | 無外流居合

臨時鬼平見廻り

鬼平犯科帳のファンサイト「市中見廻り」。年数回縁の地巡りをしています。しかし、このところ、代表の「与力たきざわ」がお忙しそうで、なかなか見廻りができません。ちょっと皆さん欲求不満気味。そんなわけで、適当に集まって、適当にぶらぶらしようという「臨時見廻り」が行われました。
いつもは、コースやら立ち寄る店やらきっちり決めて見廻るけれど、今回は集合と時間場所だけ設定。あとは成り行き任せです。
集合時間は1時、巣鴨駅前。ならば、集合前にちょいと蕎麦でも・・・。ということで入ったのが、巣鴨駅前「手打ち蕎麦・武蔵野」
c0023172_22553817.jpg

入って座ると、お茶変わりにそば湯が出てきます。まぁとりあえず冷やでやりましょう・・・。
c0023172_22522584.jpg

お蕎麦は「田舎蕎麦」と「天せいろ」。田舎蕎麦の方は、けんちん汁風の暖かい汁に冷たい蕎麦をつけていただきます。野菜の甘味と鶏肉の出汁で、酒の肴としても最高。
c0023172_22523389.jpg

天麩羅は海老・シシトウ・舞茸。こちらも満足です。
c0023172_22524125.jpg

やっていたら、他の仲間もやって来た。皆さん考えることは同じだなぁ。
集合後、地蔵通り商店街を散策。お地蔵さんお参りして、塩大福買って、庚申塚にお参りして・・・。
c0023172_2252476.jpg

お岩通りに出て「妙行寺」へ。ここには「浅野家」のお墓と「田宮家」のお墓があります。田宮家と来れば「お岩さん」。お岩さんのお墓もここにあるのです。
c0023172_22525316.jpg

そしてお隣の「善養寺」。江戸三代閻魔の一つ。木造の巨大な閻魔像が祀られています。皆さん平気でお参りしています。みんな善人なんですね。
c0023172_22525982.jpg

都電荒川線の駅がすぐそば。よし、都電に乗ろう・・・!
c0023172_2253665.jpg

やって来たのは「王子・音無親水公園」。ここはかつて見廻りで来たところ。あの時は途中で酒を買って、扇屋の卵焼きを買って・・・河原で食べたのですが・・・今日はなし。
c0023172_22531381.jpg

ならば、飲み会です・・・!というわけで、駅前の「半平」さんで、みっちりと飲んでしまった密偵達でした。
c0023172_22532088.jpg

by gojyaku | 2006-10-09 22:50 | 鬼平犯科帳

新しい稽古着

本日新しい稽古着が届きました。新しいといっても、今までのものの刺繍をし直したものです。
c0023172_16593558.jpg

マークの色が、オレンジ色から中央が紫に、袴の文字もオレンジから紫です。
無外流吹毛会では、一般の吹毛会会員と、無外流明思派御宗家新名玉堂先生に誓詞を提出して直門の弟子になった者を明確に分けることになりました。もちろん稽古の内容も変わります。高度で厳しいものになると思われます。吹毛会会員の方は、それぞれの年齢や体力、また、居合に対するそれぞれの思いにあわせた稽古をしていきますが、直門はそうはいかないでしょう。
というわけで、このマークは今まで「吹毛会本部会員」のマークでしたが、本部会員はなくなり、直門のマークということになりました。オレンジが四段、五段指導員は中央が紫・・というわけで、私も直門の弟子なのです。ますます励まねば・・と思う今日この頃。

私たち「明思派」「吹毛会」は御宗家がいらっしゃって「居合の真髄」を知りたい者にはそれなりに、カルチャー気分でやりたい者にもそれなりに指導してくださる。そして深さは違うけれど、どちらも御宗家を通じた本物の武道です。それを学べる幸せを感じます。
一方で、これまで、吹毛会を去っていった方々が大勢いらっしゃいます。師範という立場で去られて、独立して稽古場を開かれた方。あるいは、居合の理合い等の違いからでしょうか、無外流の他派に写られた方々。それぞれ、それなりの考え方、真髄、拠り所をお持ちになって稽古していらっしゃいます。皆さんが、それぞれの道でご活躍されることをお祈りします。
しかし、中には、まだ修行の入り口にたどりついたばかりの、まぁ私たちレベルのひよっこが、初めて居合に接する方々を集めて稽古(稽古かどうかわかりませんが?)している団体もある。何もわからない人たちが集まって稽古して・・・その先には何があるのだろう?私は、わからなければ御宗家にうかがい、それを皆さんに伝える道がある。彼らは、しょせん、ちょっと居合をかじりました・・・のレベルから抜け出すことはできないのだろう。人ごとながら・・・可哀想な気がする。何も知らずについていって、新人集めの道具にされている人たち・・・心が痛まないのだろうか・・・。
by gojyaku | 2006-10-05 23:35 | 無外流居合

日和ミィーティング

「きもの日和」に併せて出版される「きもの人」。今年は、私の「きものの似合う町」「帯と篭」のページも載ります。ゲラができたということで見に行ってきました。
c0023172_16393276.jpg

スタッフの皆さん今日も打ち合わせをしています。一つのイベントを立ち上げるのって大変なことなんですよね。みんなボランティアだし、資金的にも苦しいし・・・・。お疲れさん。
帰りにみんなで美味しい「麻婆豆腐」を食べて気合いを入れました。
c0023172_1640113.jpg

by gojyaku | 2006-10-04 23:37 | 着物